読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女が欲しい男子あつまれ!

彼女が欲しいと思っている独身男性のために恋人探しの"いろは"を教えます。

年下女性の心をほぐす話

歳の差婚という言葉もある通り、年下の女性と結婚、お付き合いをする男性が増えています。世の男性にとっては良い時代になってきましたね。でもどうやって年下の女性と仲良くできるのか…多くの男性は首をかしげます。「年下の女性って何が好きなの?」「会話が続かなさそう」など、年下女性と出会ったとしても、たくさん不安要素はあります。なのでまずは、年下女性との会話から頑張ってみましょう。年下女性が警戒心を解いて心をほぐす話とは一体どういう話なのでしょうか。

 

年下女性の心をほぐす話

年下女性の心をほぐす話と言っても、難しく考える必要はありません。基本的に同じ年代の方としているいつもの話でOKです。例えばこんなものがあります。

挨拶代わりの天気の話

まず挨拶代わりに天気の話からもっていきましょう。「今日はいい天気だね」「明日の天気はどうかな?」と最初は難しく考えないで、当たり障りのない話で会話しても大丈夫です。何か用事があるの?と話が進んでいくこともあります。ジェネレーションギャップを感じてしまいそうと、年下の女性に合わせて話を考えていると頭がパニックになるだけですからね。まずは、ありきたりな話で全然大丈夫です。

 

好きな映画やドラマの話

年下女性に限らず、女性は映画やドラマが大好きです。中には見ないという方もいますけど、見る人の方が圧倒的に多いですよね。これには自分もそれなりに映画やドラマを見ておかなければなりません。話題の映画やドラマはチェックしておきましょう。それに意外と昔の映画やドラマを見ている年下女性が多いのも事実です。合わせて好きな俳優さんや女優さんの話も持っておくと、話が盛り上がり打ち解けるのも早いです。

共通する好きな本の話

年下女性の心をほぐすには、お互いの共通点があるとほぐれやすいです。共通点を見つけるのに良いのが本の話。本にも小説、漫画などいろいろとありますが、年下女性は漫画本が好きな子が多いです。男性もそうですよね。中にはボーイズラブ、いわゆるBL漫画や三国志のような世界史といったジャンルが好きな年下女性もいます。そういう時は聞きに徹底して興味を持ちましょう。知らないからといって、「ごめん、それ知らない」はご法度です。心をほぐして興味を持ってもらいたいなら、まずは自分から!

年下女性が憧れる海外や国内の旅行話

素敵な旅行話なんてどうでしょう。年下の女性はもちろん若い子が多いです。まだ若いので収入もそんなにありませんし、仕事で忙しい毎日を送っています。そんな年下女性が憧れることの1つが海外旅行。海外行ってみたい、旅行に行きたいと思う年下女性はたくさんいます。自分が行った旅行先の話をしてみましょう。旅行先でどんな体験をしたのか、おすすめのものは何なのか、年下女性の目から見て、経験の多い男性は魅力的にうつるものです。

流行のお店の話

アパレルショップ、雑貨屋さん、レストランなどお店情報をリサーチしておきましょう。「今〇〇のお店が結構流行っているよね」「あそこのお店かなりおすすめだよ!」と年下女性が好きそうなお店の話をしてみることも大事です。この話で心がほぐれてくれれば、次のデートはそこで決まり!

美味しい食べ物の話

年下の女性は美味しいものに目がないです。「あれ美味しいよね」「これ美味しいよね」と話をするのも大好きなのです。この世は美味しい食べ物で溢れています。世界各地の美味しい食べ物、コンビニで手軽に買える美味しい食べ物など話は尽きません。好きな食べ物もそこで分かりますし、好きな食べ物が一緒だとなんだか嬉しいですよね。

過去の恋愛経験やこれからはどうしたいかという恋バナ

年下の女性は、あなたの今までの恋の話も気になっているはずです。そんな時はお互いの恋バナで話に花を咲かせましょう、。実際に年上の男性の恋の話を聞いてみたいという年下女性が多いようです。悲観的恋バナはダメですよ。ロマンチックで大人の男性をアピールできる恋バナがおすすめです。

 

年下女性の心をほぐす話のテクニック

心ほぐす話として上記を紹介しました。ただ話すだけでは年下女性の心をほぐすことはできません。さらに女性がほぐれやすいテクニックを使ってほぐしていきましょう。

話をしている際は聞き上手でいること

年下の女性と会話している時、一方的にあなただけ話していませんか?それだと話が飽きられてしまい、心がほぐれるどころか「私この人無理だわ」ということになりかねません。年下女性というのは年上の男性に話を聞いて欲しい、質問したいと思っている方が多いです。一通り話を聞いてあげて、年上の男性らしい返答をしてあげることが大事です。

相手を大人の女性として見てあげる

勘違いしていけないのが相手が年下の女性だからといって、俺は年上だぞという態度をとらないことです。口調が説教みたいになったり、バカにしてしまうと年下女性は「年上だから何?」とつまらない男性になってしまうことも。年下でももう大人の女性です。ちゃんと大人の女性として見てあげてください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。年下女性との話は特別何かを用意する必要はありません。基本的に何でもOKです。一緒に行きたくなるような旅行話、さすが大人の男性と思わせるようなお店の話、お互いの気が合う映画やドラマの話など年上の男性としての魅力、女性に対しての気遣いなど話の中に盛り込んでいくと良いでしょう。