読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女が欲しい男子あつまれ!

彼女が欲しいと思っている独身男性のために恋人探しの"いろは"を教えます。

かわいい女の子のホンネとは

女の子のホンネというのはとても怖いものだと思います。男性が考えている1つも2つも上をいっていると言っても過言ではないです。あのかわいい女の子のホンネとは一体…男性が気になる女の子のホンネを紹介します。

女の子ホンネ1:イケメンが良いと言うけど、付き合う男性の条件は中身イケメン

イケメンイケメンと騒いでいる女の子達が多いので、かわいい女の子と付き合いたければイケメンでなければならないと思っていませんか?ですが女の子にとってイケメンというのは、あまり彼氏に求めていることではないということです。女の子が求めているのは「中身イケメン」。

中身イケメンの特徴はこんな感じです。

もちろん優しい

中身イケメンの基本は「優しい」。優しくない男性と一緒にいたいとは思いませんよね。女の子にとって男性の優しさというのは、パフェに生クリームがのっているくらい当たり前のことなのです。もちろん好きな女の子だけ優しくしてはダメ。人、動物、物、すべてに優しい心を持ちましょう。

気が利く男性

気が利く男性というのは「中身イケメン」の最上級者。これがけっこう難しいです。普段からありとあらゆることに気を配っていなければ、気が利く男になれません。気が利く男になるには日々努力あるのみです。でも気が利くってどういうことなの?という方もいるかと思います。例えば小さなことでも良いのです。

女性の変化に気づく

常にその顔色をうかがって、女の子に変化があれば「なにかあった?」とすぐに声かけができます。女の子というのは、いろいろと不安定です。細かいことに気付いてくれる男性は、信頼できる存在と認識されるでしょう。

重い荷物を持ってくれる

女の子の荷物を持ってあげるのも、気が利く男の象徴ですね。学校や職場でのシチュエーションで、女の子が重たい資料を運んでいる時に、後ろから「持ってやるよ」と資料を持ってあげるシーンを思い描いてください。これだけ女の子はドキドキしますからね。紳士的で頼りがいのある男を目指して、重たい物はどんどん持ってあげましょう。

グラスが空いたら、おかわりいる?と聞く

こういう細かい気遣いもかなり女の子にとっては高ポイントです。周りに気を遣うようにして、常に相手が気持ち良く過ごせる場を提供していきましょう。

女の子のホンネ2:草食系男子より肉食系男子

女の子は草食系男子より肉食系男子が好きなのです。肉食系男子に多いのが男らしい人。この男らしい人に女の子は惹かれます。「でも草食系男子とか言って人気あるじゃん」と思うかもしれませんが、草食系男子という言葉は話題になっているだけで人気ではありません。女の子が草食系男子と言っていたら基本的にバカにしてると思ってください。デートも誘わない、告白もしてこない、行動に移さない、ナヨナヨした男という意味なのです。好きな女の子前では男らしさをアピールしましょう。女の子が男らしいと感じることはなんでしょうか。

自信がある

自信がある男性は、とても魅力的です。「俺にまかせろ!」と女の子をリードする自信がとても頼もしいですし、女の子はこれに救われる時が来るということを知っています。常に自分に自信を持って行動してみましょう。自然と男らしい言動、行動が身に付いてきます。

過去を引きずらない

過去を引きずる男は、女々しいと思われます。例えば彼女とケンカをした際に、「あの時もそうだったよね!」と昔の事をネチネチと言ってくる男性をどう思いますか?過去は過去、今、過去の事を言っても仕方ないこと。こんな話を聞いたことがあると思います。カップルが別れると引きずるのは男の方だという話。女性はあまり過去を引きずりません。そのこともあって過去にすがる男は女々しいと位置づけされてしまうんですね。

信念がぶれない

信念がぶれないのも男らしいですよね。特に仕事での自分のこだわりを持った男性はとてもかっこよく見えます。これだけは譲れない、曲げない信念をあなたは持っていますか?

女の子のホンネ3:あからさまなアピールは正直ウザい

例えば合コンや大学、職場の飲み会などで、好きな女の子がいたとします。気に入ってもらうと思って優しくしたり、グラスが空いたら飲み物聞いたり、食事をとりわけてあげたりして「オレ優しいぜー」とアピールする男性もいるでしょう。ですが、女の子によっては、これがうっとおしく感じることがあります。正直ウザいのです。こういうのは、アピールするのではなく、さりげなくするべきです。さりげなくされることのほうが、何倍も嬉しいということを忘れないでくださいね。

まとめ

「中身イケメン」が良いということが分かったところで、一言でまとめますと紳士であれ!ということですね。いくら顔がかっこよくても中身が紳士的でなければ、女の子は見向きもしません。女の子に対して、手を差し出してリードしてあげるスタンスがあれば、誰でも紳士的になれます。プライベートも仕事も恋愛もスマートにこなす男を目指しましょう。