彼女が欲しい男子あつまれ!

彼女が欲しいと思っている独身男性のために恋人探しの"いろは"を教えます。

女性もあこがれる和の趣味

 

現代の男性の趣味は、ドライブやスポーツをして体を動かすことなどが多くなっています。逆に考えると、趣味は何ですかと聞かれて、ドライブやスポーツをするという趣味が珍しくないため、他の男性とあまり差がないというのが現状です。

 

このような現状で、珍しく、かつかっこいい趣味を言うと、女性の人の印象に残ります。つまり、他の男との差が生まれるのです。でも、女性の印象に残るかっこいい趣味と言われてもなかなか思いつかないですよね。

 

そこでこの記事では、和の趣味をおすすめしていきます。これから紹介する和の趣味の中で、興味をもったものに取り組んでいただき、他の男との差をつけていただきたいと思います。

 

1.おすすめの和の趣味

和の趣味といって、どのくらい思いつくでしょうか。現代は日本の伝統から離れている傾向があります。なので、なかなか出てこないでしょう。この記事では、恋愛に繋げるのはもちろん、そういう伝統があったのかと学んでいただければ幸いです。

 

①華道

華道というのは生け花のことです。

華道というのは、美しくいけなければいけないので、美的センスに溢れています。華道を良く知らない人からすると、趣味が華道と言われると、すごいという印象になります。

 

なので、色の組み合わせが得意な人や、色の組み合わせでどんようなことが表現できるのかを学びたいと思っている人にはおすすめです。

 

②茶道

茶道は女性がやるイメージが強いです。

しかし、現在では少しずつですが、茶道をやる男性が増えてきています。女性への印象はどうなのかという部分が疑問ですが、それはとても良いです。

 

女性へのアンケートで、茶道を趣味とする男性が4位にランクインしています。女性がやる茶道とは少し違う美しさがあるようです。カッコよさを求めるなら、茶道はかなりおすすめです。

 

③日本舞踊

近年では、音楽グループによって、ダンスなどの洋舞が流行っています。

そのなかで、日本舞踊をやっている男性は目立ちます。ダンスをやっている男性はかっこよく、ダンスをやっている人もこれからどんどん増えていくでしょう。そうすると、ダンスをやっている人の珍しさが無くなるのです。

 

そこで、今のうちから日本舞踊をやっておいて、趣味は日本舞踊と言えば、女性の食いつきは大きいと思います。なので、早いうちに始めてみましょう。

 

④書道

書道を趣味にしている人は、先ほど説明した華道や茶道などよりも比較的多いと思います。しかし、趣味を書道と言って、好印象を与えられるかは疑問でしょう。

 

意外にも書道に好印象をもつ女性が多いです。静かで、落ち着きがあり、知的な印象をもたれます。また、いつもはチャラチャラしている男が、ひとたび筆を持つと人が変わったように書道ができるとなると、ギャップで女性もやられることでしょう。

 

書道は、今まで説明してきた華道や茶道などよりも始めやすいと思うので、ぜひ始めてみましょう。

 

⑤和太鼓

和太鼓は夏のお祭りの時に見ることがあると思います。

和太鼓をたたいている人は男性から見てもとてもかっこいいです。いつもは見ることができない姿を和太鼓の演奏中に見ることができるので、女性は惚れてしまうでしょう。また、中高年でやるといい運動不足の解消になるので、おすすめです。

 

⑥三味線

三味線は聞いたことのない人のほうが多いでしょう。

三味線はあまり親しみがないと思います。男性の人からすると、三味線を趣味にすることはダサいことだと思っていると思います。

 

しかし、女性の人からすると、三味線をやっているステキな男性という印象なのです。三味線をやっている人はほとんどいないので、やっていると聞くと好印象なのでしょう。今から始めるのは難しいかもしれませんが、すでにやっている人は自信を持ってください。

 

⑦着付け

 男性が着付けと思うかもしれませんが、女性にとっては好印象です。男性が着付け教室に通うのは勇気がいることかもしれませんが、入ってみればみなさん受け入れてくださるので大丈夫ですよ。できるようになっていたほうがあなたにとってプラスだと思うので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

2.まとめ

女性にあこがれられる和の趣味を7つ紹介してきました。ほとんどがやったことのないものかと思います。

 

ですが、やったことがないのはあなただけではありません。現代の若者のほとんどがやったことがないのです。

そこがあなたのチャンスです。周りにやっている人がいないならあなたが一番になれます。一番になることで、女性の人の印象に残るのです。人の真似ならいくらでもできます。しかしそれではだめなのです。

 

新しい一歩を踏み出すのは勇気がいることです。でも、その一歩があなたの人生を変えることになるのです。この記事に少しでも興味をもったのなら、挑戦してみてください。ひとりでも多くの人が人生をよりよいものになることを願っています。