彼女が欲しい男子あつまれ!

彼女が欲しいと思っている独身男性のために恋人探しの"いろは"を教えます。

色の使い分けで見分けるあの人の深層心理

気になるあの子はどんな子だろうと物思いにふけっていたりしていませんか?そういう時は「色の深層心理」で、その子が好きな色を見てみましょう。色の好き嫌いって人によって違うものですよね。気になるあの子がいつも着ている服装の色、使っている物の色など何色を使っているかでその人のあれこれが分かってきます。

レッド(赤)が好きな人の深層心理

「赤色」が好きな方は、やる気、活力、生命力、好奇心など人並以上のエネルギーに包まれています。服装や身の回りのものに赤色を取り入れる人はとても自信家で、自分を「できる人間」「強い人間」「可愛い」と見せたいという気持ちが強いのが特徴です。活力に満ちたエネルギッシュな人なので、そんな人に対抗しようとしても気持ちで負けてしまう事が多いかも。ライバル心だけが先行してしまって恋愛に発展しない場合も多々あります。なのでサポートしてあげるという感覚で接した方がうまくいきやすいかもしれませんね。

グリーン(緑)が好きな人の深層心理

緑色は安らぎの象徴だと言われています。森や森林といった緑がたくさんある所にヒーリング効果があるのもそのためですね。心が穏やかで、優しい性格。そして我慢強いという特徴があります。我慢強い性格で逆に無理しているパターンもありがちです。これは本人も安らぎを求めているということですね。なので「無理していない?」とたまに声をかけてあげるのが良いですね。緑が好きな人は、心が穏やかなのでそういう優しさに触れると、とても嬉しくなります。

ブルー(青)が好きな人の深層心理

青が好きな方は、知的で冷静な性格と言えるでしょう。他にも誠実かつ慎重な性質もあるので、あまり自分の意見を表に出さない内向的な部分もあります。しかし何事も冷静に見ているため、いざという時の決断、判断が正確にできるでしょう。青色好きの特徴は「冷静」さと言いましたが、たまにその冷静さが欠けるときがあります。そういう時は、周りから見て行くべきところを行かなかったり、必要以上に心配になったりと慌ただしくなることも。そんなときは、そっとフォローしてあげましょうね。

イエロー(黄)が好きな人の深層心理

黄色好きを一言で言えば希望に満ちた人。常に明るく接したり、人を楽しませようと面白いことを考えたりしています。流行に敏感で会話の中心にいたいという気持ちが強いでしょう。重い空気が嫌いなので、自分も明るくなって接した方が何事もうまく行きやすいでしょう。その反面、子供っぽいところが残っているのでしょうか。物事に飽きっぽく冷めやすいという特徴もあります。悪く言えばちょっと自己中心的な性格かもしれませんね。悪気はないけど失礼な発言をしたり、空気を読めないといったことがチラホラ出てきます。

パープル(紫)が好きな人の深層心理

紫って神秘的な色をしていますよね。このような色を好む人は、美意識が高いと言われています。自分の美貌、そして芸術性のあるものに惹かれるタイプと言えます。ロマンチックな展開や物事にとても興味があります。こういう人はロマンチックに攻めてみるのも良いかもしれませんね。他にもデリケートな心の持ち主だと言えます。紫という色は、癒しを与えてくれる色。病気の人が自然と紫色に惹かれていくというのは有名な話です。人間関係や仕事にストレスを抱えている可能性もあります。

ホワイト(白)が好きな人の深層心理

白好きの人はとてもシンプルな人が多いです。誠実、清潔、素直というイメージがよく合います。自分は清潔感がある、真面目で誠実だと伝えたい気持ちから白色を選ぶ傾向にあります。他にもシンプルが好きなために、無駄なことが嫌いという反面もあります。仕事もプライベートも無駄を省き、効率よく行いたい気持ちが強いです。シンプルにはシンプルを。あまりネチネチした接し方だと嫌われるかもしれませんので、注意してください。

ピンク(桃)が好きな人の深層心理

桃色が好きな方は、想像つきやすいのではないでしょうか。可愛い、フェミニンなどが好きな方ですね。女の子らしく見られたいという気持ちが強い方でしょう。甘え上手で人に頼られるより頼りたいタイプ。恋愛感情が豊で少女漫画のようなロマンチックなものに憧れている傾向にあります。ですが、物事に依存しすぎてしまうことも。依存しすげて周りが見えなくなることもあるので注意してください。

ブラック(黒)が好きな人の深層心理

自分を強く見せたいという気持ちが黒色には現れます。一本の強い信念を持っていますが、本当は心が繊細で傷つきやすいという事。それを周りに知られたくないので、ちょこちょこ無理をしてしまう場面もあります。分かりやすく言えば「強がり屋さん」なんですね。人に相談できない不安や悩みを抱えているかも知れません。そこを隠すために黒く強い色で自分をごまかそうとしているのでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。色だけでその人の特徴が結構わかるものです。恋愛のアプローチもしやすくなりますね。他にも色を使い分けることでいろんな印象を与えることも出来ますね。清潔な印象を与えたいなら白。カッコいい印象なら黒、紫でロマンチック、明るい印象なら黄色、知的な印象なら青色と上手く使い分けてみてはいかがでしょう。